慢性的に腰が痛くなる→筋力の低下→骨盤のゆがみが原因




慢性的な腰痛は、そのほとんどが骨盤の歪みが原因と考えられています。

名古屋 マッサージ

骨盤にはどんな役割があるのでしょう?

それはカラダ全体のバランスを支えるという




背骨の土台の役割があります。

 

日本家屋のたとえで、一家の大黒柱 という言葉がありますが

骨盤は人間のカラダの大黒柱なんです。

 

また、その大事な骨盤を支えているのが

腹筋や背筋などの骨盤周辺にある筋肉の力です。

 

筋力が低下すると、骨盤を支える力が減って

大黒柱の骨盤に影響が出ます。

 

骨盤が不安定になって、ゆがみやすくなるのです。

とくに腹筋の力が落ちてくると骨盤のゆがみに

直結します。

 

骨盤がゆがむと、なぜ腰が悪くなるのか?

骨盤がゆがむと、骨盤を支える左右の筋肉のバランスが

くずれてしまうのです。

 

筋肉が右に傾けば、それを治すためにカラダは

無意識に左へ重心を戻そうとします。

すると筋肉に無理な負担がかかることになり、

痛みが発生するのです。

 

筋肉の衰えが骨盤のゆがみを招いて骨盤のゆがみは腰痛となります。

[ad#co-1]

そんな衰えてしまう筋肉を鍛えようと

ハードな腹筋運動は禁物です。

ハードな筋肉動作をしなくても、ちょっとした運動で

骨盤のゆがみが治り腰痛も改善します。

 

それを実現するのが「腹圧」です。

腹圧とはお腹の圧力どいう意味です。

 

人間のカラダにある胃や腸などの内蔵たちは

腹膜という服との中にあります。

 

腹膜の中の内蔵が動くように

腹圧が袋を膨らませています。

 

腹圧によって膨らんだ腹膜を腹筋や

背筋などが支えて骨盤は安定します。

腹膜の中の内蔵も活動できます。

 

姿勢の悪さや加齢や運動不足になると

腹圧が下がってきます。

そうなると腹膜内の内蔵を支える腹筋に

負担がかかってきて、腰痛の原因になったりします。

 

活発だった内臓も動きが鈍くなって

消化不良や便秘、冷えといった症状が出てきます。

 

それではどうしたらいいのか。

 

低下した腹圧をもとの状態正常な状態に戻すこと。

 

腹圧を高めることで腹筋の負担を軽く出来て

骨盤を支える力も強くなってゆがんだ骨盤の矯正がきます。

結果的に腰痛が改善されます。

 

腹圧を高める→腰痛改善

 

腹圧を高めるにはどうしたらいいか?

最近、人気なのが長友佑都の本他、紹介しますね。